DIGITALLY LIFE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
Dropboxを50Gにアップデートしました
20100831.jpg

自炊をはじめてからDropboxを使う頻度が多く容量不足に悩まされていましたので、50Gにアップデートしました。
目的はiPad&iPhoneにPDFを転送するだけであります。
SugarSyncにするかも考えましたが、殆どのアプリがSugarSyncに対応されていません。

今日アップデートしたばかりなのでわかりませんが、アップデートしても速度面は改善されません((((;゜Д゜)))

なんか転送効率がよくなっているみたいです。
Mac Download 2750kb/s
Atom Upload 55kb~33kb/s・・・激遅

スポンサーサイト
【2010/08/31 19:18】 | コンピュータ | トラックバック(0) | コメント(0) |
iPad ケース
iPadケース買いました。
2~3日使ってみた結果、iPadにはケースを付けると安心します。
ただケースは軽いがiPad自体重く肩がこります((((;゜Д゜)))

SGP アイパッド ケース VINTAGE EDITION 本革 for Apple iPad

201008251.jpg

201008252.jpg
【2010/08/26 17:18】 | iPhone | トラックバック(0) | コメント(0) |
自炊まとめ
自炊をはじめましたが、とりあえず落ち着いたのでまとめます。

・書籍を分解する時にはカッターを使いましょう。
  ScanSnapでは一度に50枚までしかセット出来ませんので、事前に書籍を分解し50枚づづにしておきます。
  最初は手でビリビリ破いてましたが、あせると絶対失敗します。
  このように破れてしまい後悔します((((;゜Д゜)))
201008131.jpg


・裁断する時は全て同じ大きさに揃えておきましょう。
  表紙だけ少々大きいですが、紙をサイズを均一にしておかないとpdfに変換しビューアで閲覧する際に
  左右に余白が表示されてしまいます。

・ScanSnapの設定
  裁断した書籍はスキャン後に破棄しますので、画質はスーパーファインにしています。
  基本的に表紙はカラー、本文はグレースケールにて読み込んでいます。
  カラーモードを自動にしまうと大変な事になります((((;゜Д゜)))   

  主にiPadにて見開き2ページモードで閲覧していますので、白紙ページも読み込んでいます。
  白紙を削除してしまうと、見開き2ページで閲覧する際に左右バラバラになります。


201008133.jpg
201008134.jpg
201008135.jpg
201008136.jpg
201008137.jpg

・テキスト化(OCR)
  テキスト化しますと非常に時間がかかります。
  レファレンスはテキスト化していますが、雑誌や文庫本はそのままにしています。
  CPUがAtom(一応Dual)なので300ページのレファレンスをテキスト化すると数時間かかります。
  プログラムコードが書かれている本ですと3時間以上はかかりますので、まとめて夜中に変換しています。

・書籍は新品のうちに自炊しましょう。
  古本等の書籍をスキャンしますと、読み込み中にエラーが頻繁に起こります。
  また裁断した後の用紙サイズが、均等になりません。

・パソコンは自炊専用を用意し、ファンレスをおすすめします。
  データは必ずバックアップを取っておかないとエライ目に逢います((((;゜Д゜)))
  出来ればNASを用意した方がいいかと思います。
  ファンレスではない夜間変換中はとうるさくて寝れません((((;゜Д゜)))
【2010/08/14 09:40】 | コンピュータ | トラックバック(0) | コメント(0) |
iPad
最近自炊はじめましたが、書籍をデジタル化してしまうと紙には戻りません。
文庫本をiPhoneで読むのは非常に読みづらいので、iPad買いました。
201008130.jpg

年末に7インチ版のiPadが発売されるらしいので、今回はiPad WiFi 32Gを買いました。
iPhoneではiBookを使っていましたが、iPadでは見開き2ページモードがあるi文庫HDを使っています。
また画像の補完モードもあり便利です。
201008132.jpg
【2010/08/14 08:58】 | iPhone | トラックバック(0) | コメント(0) |
WindowsPE 3.0
OSが壊れた時などの緊急用OSは、KINOPPIXやFedoraを使っていますが今までWindowsPEがあるなんて知りませんでした。
 Windows PE(Windows Preinstallation Environment:Windowsプレインストール環境

便利そ~なので、早速作る。

改訂 管理者必携! 最強のデータ・サルベージ・ツールWindows PE 3.0(前編)を参考にさせて頂きました。

完成したイメージをISO形式に保存して、いつも通りUNetbootinにてUSB化させたら動きませんでしたヽ(`Д´)ノ
WindowsPEをブータブルUSB起動させるには、diskpartコマンドを使うらしいです。
Windows標準コマンドに、diskpartコマンドがあるなんて知りませんでした。

6時間かけて完成し無事起動しましたが、GUI環境では無く全てコマンドライン環境なんですね((((;゜Д゜)))
Notepad[return]でメモ帳開いた~(^-^)/
エクスプローラー無いし、私には全く使えません。

WindowsPE作成 参考サイトリンク集に参考にし、カスタマイズをすると使えそうです。
ランチャーとブラウザ入れると使えそ~です。

今度やってみよ。たぶんやらんだろうけどね(・ω・)\バキッ!
【2010/08/10 02:23】 | コンピュータ | トラックバック(0) | コメント(0) |
FC2カウンター

プロフィール

ひろちゃん

Author:ひろちゃん
FC2ブログへようこそ!

Myブクログ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。